TOYO GAKUEN Upper Secondary Specialized Training School

MESSAGE

MESSAGE

学校長あいさつ
一人ひとりに、とことん向き合う教育を
 当校は1947年、東洋服飾専門学校としてスタートしました。爾来70余年、「品位」「誠意」「技術」を校訓に、社会に求められる人材の育成に励んで参りました。時代のニーズにかなう技術の習得は勿論のこと、人として必要な礼儀作法や感謝の心や人を大切にする気持ちを身につけることに重きを置いています。
 「みんなちがって、みんないい」、大正から昭和の初めに活躍した金子みすゞの詩の一節です。彼女がこの世を去って90年近く、やっと社会は多様性を容認できる社会になりつつあります。人生は必ずしも直線的に進むものではありません。遠回りをすることもあれば、行きつ戻りつすることもあります。本校で学ぶ生徒たちは、小学校や中学校でまわり道をしたり、つまずいて立ち止まったりしたことのある生徒もたくさんいます。本校は、そんな生徒たちの一人ひとりの現状と課題に丁寧に向き合います。教職員が全員一丸となって、粘り強く寄り添います。
 具体的にはまず、出身中学や保護者の皆様と連携を密にし、より深いところから理解することから始めます。もちろん、生徒たちとも、個々に寄り添う形で、しっかり話し合っていきます。決めつけず、押しつけず、「どこでつまずいたのか」「何がさまたげになっているのか」を探ります。その上で本校独自の土曜学習や個別指導の中で基礎学習の反復を徹底し、「つまずき」や「さまたげ」を克服できるよう努めます。中学ではわからなかったことが「わかった!!」という瞬間、生徒は輝くような笑顔を見せてくれます。そして教師も、その瞬間を共有することに大きな喜びを感じています。
 生徒一人ひとりを大切にしながら、粘り強く、あきらめず、最後までとことんつきあう。この姿勢は、保護者、中学校や地域社会の評価を徐々に広げるところとなっています。当然、教職員全員も当校に寄せられる期待と信頼の大きさをひしひしと感じています。その期待と信頼により一層応えていかなければならないという決意を新たにしています。
 「生徒一人ひとりを輝かせる教育」を実現し、全員が「豊かな心」と「生きる力」を身につけ「この学校に来て良かった」と思える学校づくりに取り組んでまいります。

東洋学園高等専修学校 校長 松本 隆正