TOYO GAKUEN Upper Secondary Specialized Training School

JAPANESE STYLE

伝統をつなぐ架け橋として
和文化を創造するプロに

総合ビジネス科きものコース2・3年次

きものコースについて COURSE

「きもの」という和の伝統を通して、縫製技術から着付け、
所作やマナーを学び、和の心得とともに感性・技術・知識を身につけ、
和文化に精通した和裁のプロフェッショナルをめざします。

学習ポイント

  • デザインからオリジナルゆかたを完成させる
  • 仕立て、着付け、扱い方などを学ぶ
  • 日本文化を大切にした作法を身につける

目標資格

  • 和裁技術認定試験(初級)
  • 色彩能力検定

好きなことをとことん極められる!

勉強が苦手でも大好きなことをとことん極められるのが専門コースのいいところ。手縫いが好きで進んだきものコースでは、作品づくり を通して学ぶことの大切さ、学びの姿勢が身につきました。自分にできることを一つずつ習得するから自信にもつながります。

学びの特色

造形基礎
縫製の基礎・運針を習得したら、刺し子、小物づくりを製作します。徐々に作品の難易度をあげ、ゆかたから袷のきものを縫うまでに技術を学びます。この時、縫製技術だけでなく理論的にきものを理解することも学びます。

きものデザイン画
自分だけのデザイン画を描いていきます。自由な発想でゆかたをイメージし、柄や色合わせをペン・色鉛筆で表現。出来上がったデザイン画は東洋きもの専門学校主催の「ゆかたデザインコンテスト」に応募します。

着装
ゆかたやきものの着付けを学びます。人に着付けるところから始めて、最後には自分でも着られるように練習します。帯を締めると背筋が伸びて美しい着姿が身につき、粋に着こなすまでに成長します。
和裁道具紹介

2年次からの時間割例 CURRICULUM